COIN LIFE

仮想通貨になぜ価値があるの

お金というのは信用によって価値が成り立っている

通常のお金、円やドルといった「法定通貨」に価値があるのはなぜでしょうか?それは、国が管理し、中央銀行が発行していることで、みんなが価値があると信用しているから通貨として認められています。

画像

「仮想通貨」もそれと同じであり、多くの人が価値を認めているからこそお金の価値が生まれることになります。
実態がないものであってもそれに価値があると信用していれば、お金の価値は発生します。

では、ビットコインをはじめとする「仮想通貨」の価値はどうして成り立っているのでしょうか。

➀ 誰も偽装・改変できない

仮想通貨の信用はどこから生まれるのでしょうか。
大きく分けると3つあります。

画像

1つめは「誰も偽装・改変できない」という信用です。
仮想通貨というのは暗号によって作り出される通貨であり、偽造をすることが困難なものといえます。
実態のない単なる電子データではありますが、容易に改竄をすることができないということはそれだけで価値があると判断をする人も生まれてきます。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる、複雑なプログラムにより守られています。
仮想通貨を発行しているのは中央銀行ではありませんので仮想通貨では、全員が過去の取引記録を相互認証する仕組みになっています。言い換えれば、みんなの信用で成り立っているのが仮想通貨なのです。

ブロックチェーンというしくみ

みんなで信用が成り立つというのはいったいどういうことなのでしょうか?そもそもなぜそれが成り立つのでしょうか。

画像

それはみんなで認めた仮想通貨の価値をブロックチェーンという仕組みによって、取引の記録を監視し不正ができないように秩序を守る事が出来るからなのです。

ブロックチェーンをポーカーで例えたわかりやすい話があります。

あなたが仲間とポーカーのゲームを しているところを想像してみてください。

誰もポーカーのチップを持っておらず、現金も家に置いてきてしまっています。そこで何人かが紙を持ってきて、掛け金がいくらか、誰が勝ったのか、誰が負けたのかを台帳に書き出すことにしました。

みんな他人を完全に信用していないため、みんなが別々に記録する事にしました。そしてゲームが終わった後、それぞれの記録を照らし合わすこととします。そうするともしだれかが間違えたり、ずるをしてお金をだまし取ろうとしてもそれらのそれらの矛盾は見つかってしまいます。

何回かのゲームを繰り返していくと、お金の動きの記録でノートのページが埋まります。そのページ1枚1枚を「取り引きのひと固まり」と考えることができます。やがて、ノートは何ページにも及ぶ情報でいっぱいになります。

そのような一固まりのチェーンができます。それがつまり「ブロックチェーン」となります。このようにみんなで取引の記録をし監視することで秩序が守られみんなで認めることでお金の価値となるのす。

② 仮想通貨は有限である

2つ目は、仮想通貨は有限であるという信用です。
仮想通貨はデジタルデータなだけにその気になればいくらでも増やすことが出来そうですが、ビットコインをはじめ仮想通貨はあらかじめ発行枚数の上限が決まっています。
金や銀などの希少な金属が通貨の役割を果たしてきたのは、量が限られているからです。仮想通貨も有限であるからこそ価値が認められていると言えます。
また、ビットコインは2100万枚発行されたら打ち止めです。計算上では、2141年にすべてのビットコインが発掘されるそうです。

画像

③ 仮想通貨は国や人に左右されない

3つ目の信用は、仮想通貨は国や企業に左右されないと言うことがあります。
仮想通貨は国や企業によって発行される通貨ではありません。仮想通貨は、通貨の量を意図的に増やしたり、減らしたりできません。経済状況や為替に左右されないと言うことが仮想通貨のすばらしいところです。

画像

仮想通貨の考え方は、流通量をコントロールすると言う発想がまずありません。ですから、仮想通貨の流通量は安定していると言えるのです。 そして、仮想通貨は発行量をコントロールされずに増えていっています。

はじめてのビットコインへ